浦和フットボール通信

MENU

ゴール動画付き 【河合貴子の試合レビュー】明治安田生命Jリーグ1stステージ第13節 vsFC東京<阿部、柏木、興梠、駒井、槙野、李コメントあり>

FC東京に逆転勝利。連敗を3で止める

今にも雨が降り出しそうな平日のナイトゲームに、24,368人の観客がホーム埼玉スタジアムに集結した。3連敗をして、1stステージ優勝の夢が絶たれた浦和にとって、年間首位を目指した新たな闘いの始まりであった。対戦相手のFC東京は、直近の試合は3分けと波に乗れずに11位と低迷している。両チーム共に巻き返しを図るための足がかりにしたい試合であった。

FC東京のキックオフで始まった試合は、立ち上がりから浦和が積極的に仕掛けていった。最初にチャンスを作ったのは、浦和であった。槙野智章選手から大きく逆サイドの関根貴大選手へ展開すると、関根選手のマイナスのクロスを李忠成選手が合わせていった。

FC東京は、4-4-2とDFラインを高めに設定しながらしっかりとブロックを作りカウンターを虎視眈々と狙っていた。城福監督は「カウンターをしっかりと狙うことをチームとして共有してゲームに入り、マイボールにするところと素早いカウンターのメリハリを付けていこうと、前半はプラン通りだった」と話した。

(残り 2344文字/全文: 2842文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ