浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】守りを選択も、最終的に『攻撃は最大の防御』で神戸に勝利した

今日のポイント!!

ゴールが決まらず、オーバーエイジ枠でリオデジャネイロオリンピックメンバーのことでモヤモヤしていた浦和のエース興梠慎三選手が、前節のFC東京戦後にオリンピック行きを決めて気持ちもスッキリしたのか、モヤモヤしたものを吹き飛ばすゴールを決めてくれた。

しかし、ゴールを決めた興梠選手からは笑顔は無かった。

「点決めたけど、勝った訳じゃ無い。この間のFC東京戦は、2点入ってから俺らが逆転した。2点差の恐怖を誰もが分かっていたから、気を抜くこと無くあのような喜びになった」と興梠選手は話した。

(残り 503文字/全文: 752文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ