浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】明治安田生命J1リーグ2ndステージ第2節 vs柏レイソル<柏木、李、阿部、興梠コメントあり>

Report by 河合貴子

リーグ戦、2ヶ月ぶりに完封勝利!

梅雨前線の影響で心配されていた天気であったが、試合開始前には雨が上がり茜色の夕焼けが埼玉スタジアムを包み込んだ。2ndステージ開幕戦をアウェイの福岡で一人少ない過酷な状況で逆転勝利を収めた浦和は、ホームに2ndステージ起死回生を狙う柏を迎えた。

柏の先発平均年齢は、23.73歳と若手中心のメンバー構成であった。ちなみに浦和は、28.55歳であった。また、福岡戦で一発退場処分となった槙野智章選手は出場停止。浦和のDFラインは、左ストッパーを森脇良太選手、右ストッパーを遠藤航選手、リベロに那須大亮選手に任せる布陣となった。

柏のキックオフで開始した試合は、最初にチャンスを作ったのは柏であった。クリスティアーノ選手が大きく逆サイドの伊東純也選手へと展開し、伊東選手の落としを湯澤聖人選手がアーリークロスを入れて、クリスティアーノ選手がヘディングシュートを放っていった。

柏は、前からプレスを掛けながらブロックを形成した守備を見せ、攻守の切り替え早くボールポゼッションしながら攻撃を組み立て主導権を握っていった。

ミシャ監督は「前半、チームの強さである後ろからの攻撃の組み立てが出来なかった。繋ぐことを恐れ長いボールを多用していた」と不満を口にした。

(残り 1813文字/全文: 2362文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ