浦和フットボール通信

MENU

【7/21 練習レポート】空いた3枠のポジションを奪うのは誰だ?

TAK_5352_R

Report by 河合貴子

鹿島戦に向けて、激化するポジション争い

シトシトと降り続く雨の中、涼しく感じながらも少しく動くと蒸し暑さが襲って来た7月21日。リオデジャネイロオリンピックサッカー日本代表で遠藤航選手、興梠慎三選手を欠き、平川忠亮選手は強めの左足関節捻挫(左足首)で長期戦線離脱と選手層が厚いとは言え、選手の少なさを感じるほどであった。

アップが始まると、3グループに分かれたボール回しの鳥かごでは、選手たちはリラックスした雰囲気で楽しそうであったが、どこか静かで違和感があった。チームメイトの弄られキャラの森脇良太選手が不在であった。森脇選手の身内にご不幸があり、忌引きで練習を休んでいた。ムードメイカーの森脇選手がいないだけで、チームの雰囲気は、明るさを欠くことになってしまった。

アップ後、鹿島を想定してハーフコートの両幅を5mほど短くして10対10のミニゲームが行われた。

(残り 1570文字/全文: 1961文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ