浦和フットボール通信

MENU

【7/22 練習レポート】鹿島戦に向けて最終調整を行う。ペトロヴィッチ監督「やるべきことははっきりしている」

TAK_5541_R

年間首位戦線と2ndステージ優勝に向けて、鹿島戦に挑む

静かに霧雨のような雨が、優しくピッチに降り注いでいた。1stステージ優勝の栄光を掴み獲った鹿島との一戦を前に、選手たちは程良い緊張感を漂わせながら練習が始まった。

人数の関係で2グループに分かれて行われたアップのボール回しの鳥かごでは、柏木陽介選手、森脇良太選手のグループはパススピードが速く「やばい!」「危険だ」と鬼になった選手から声が上がるほどテンポよくボールが回っていた。

TAK_5431_R

また、3、4人1組となって行われる基本のパス練習で、ロングパスが不調だったのは槙野智章選手、柏木陽介選手、宇賀神友弥選手、梅崎司選手たちで「終始、良くなかった」「何で、ブレる?」と4選手が頭を抱えて悩むほど正確なロングパスが蹴れていなかった。

アップ後は、2グループに分かれて後方からの攻撃組み立てパターン練習が行われた。

(残り 1278文字/全文: 1653文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ