浦和フットボール通信

MENU

ハイライト動画付き【河合貴子の試合レビュー】明治安田生命Jリーグ2ndステージ第5節vs鹿島アントラーズ<ズラタン、那須、西川、柏木、李、青木コメントあり>

年間首位を狙うために、鹿島の壁を打ち破る

鹿島スタジアムを吹き抜ける風が、夏とは思えないほど肌寒く感じる7月23日。1stステージを制覇した鹿島であるが、2ndステージは2勝1分1敗と4試合で8失点と今一つ精彩を欠いている。

浦和は、前節大宮に引き分けたものの苦しい中でもしっかりと勝ち点を重ねて、2ndステージ3勝1分けとまずまずの滑り出しを見せた。浦和にとって、1stステージホーム埼玉スタジアムでの屈辱を返す時がやって来た。

リオデジャネイロオリンピックサッカー日本代表で不在の遠藤航選手に代わり那須大亮選手、興梠慎三選手に代わりズラタン選手、累積のため出場停止の宇賀神友弥選手に代わり左ワイドに関根貴大選手を起用した。また、練習で好調をアピールしていた梅崎司選手を右ワイドに。シャドーの一角に今シーズン・リーグ戦初スタメンとなる高木俊幸選手に任せて挑んだ。

一方、鹿島はリオデジャネイロオリンピックサッカー日本代表で不在の植田直通選手に代わりファン・ソッコ選手を起用してきた。

鹿島のキックオフで始まった試合は、鹿島が立ち上がりからハイプレスを掛けてサイドで数的優位に立ち主導権を握っていった。前から嵌め込む守備で攻守の切り替えも早く、3分には柴崎岳選手が強烈なミドルシュート。

15分には土居聖真選手がエリア内で華麗なターンからシュートと浦和ゴールへと襲い掛かって来た。押し込まれた浦和は、攻撃のリズムを作れない展開となってしまった。

ミシャ監督は「前半は、立ち上がりから鹿島が非常にアグレッシブに闘ってくる中で、ボールを持っても早い段階で失ってしまい相手が主導権を握ってゲームを進める展開だった」と振り返った。

(残り 1911文字/全文: 2658文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ