浦和フットボール通信

MENU

【選手ミニコラム】GKの声は神の声~西川周作選手

TAK_6023_R

甲府は、ホームだろうがアウェイだろうが、退いてゴール前を固める。攻撃力を誇る浦和に対して勝つためには常套手段だ。そこを如何に打開出来るかにかかっている。

西川周作選手は「7バックみたいな感じで退いてくるかもね。ホームでやったときみたいに、マンツーマンで来たらマークを外せる。カウンターは、相手の狙いだ。90分、押し込んで自陣に入れない勢いをもって仕掛ければ良い。甲府は、気温が高く暑いから上手くコントロールしてやりたい。DFの背後のボールは、GKが高い位置で処理して押し込むことを意識している。しっかりと背後をケアーして(チームメイトに)無駄な体力を使わせない。暑い時期だから、GKが守る!」と守備範囲を広げてゴールを死守し、味方をサポートしていく構えを見せた。

(残り 372文字/全文: 702文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ