浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】退いた甲府を攻略した2つのポイント

今日のポイント!

今シーズン、4勝しかしていない下位に沈む甲府を相手に、年間首位の座と2ndステージ優勝を狙う浦和にとって、「PRIDE OF URAWA」に掛けて絶対に取りこぼしが許されないゲームであった。

1つ目のポイントは、サイドから如何に崩すかであった。ミシャ監督は「甲府はバイタルエリア、ペナルティーエリアの幅を重点的に固めてくると分析した。そこを突破するのは、簡単ではない。だからこそ、サイドで如何に崩していくかだった」と話した。

監督の狙い通り、2ゴールともサイドからの崩しから生まれた。ゲームの入りは悪かったものの、焦らずに自分たちのリズムを取り戻していけた。

(残り 684文字/全文: 967文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ