浦和フットボール通信

MENU

ハイライト動画付き【河合貴子の試合レビュー】明治安田生命Jリーグ2ndステージ第6節 vsヴァンフォーレ甲府<関根、武藤、李、石原、監督コメントあり>

甲府に完封勝利を飾る

浦和とは明らかに違った暑さが襲って来た。日が西に傾向き夕闇がスタジアムを包み始めていたが、灼熱の太陽に照らされた甲府盆地の気温は下がらなかった。

甲府の堅守の前に、浦和は暑さと勝負となった。「ウォーミングアップしているときが、一番暑かった。久しぶりの暑さだったので、多少、不安な部分があったが、そんなに関係なくやれたと思う」と関根貴大選手は話していたが、試合後の記者会見でミシャ監督は「今日のゲームは、非常に気温が上がった。立っているだけも簡単ではない中で最後まで力を出し切って闘った」と過酷な暑さ中での試合をした両チームの選手を讃えた。

蒸し風呂のようなピッチの中、甲府のキックオフで始まった。甲府は予想した通り、5-4-1のシステムで挑んで来たが、立ち上がりから積極的に仕掛けて来た。

3分、ドゥドゥ選手がドリブルで持ち上がり松橋優選手へ、松橋選手のシュート気味のクロスを宇賀神友弥選手がクリア。柏木陽介選手は「ゲームの入りが悪かったから、どうなるのかと思ったが、そこから集中出来た」と話した。前半の10分過ぎぐらいまでは、甲府に押し込まれる展開となったが、浦和に流れを呼び込んだのは11分李忠成選手のドリブル突破からのシュートであった。

(残り 1518文字/全文: 2089文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ