浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】2016プレナスなでしこリーグカップ1部 Bグループ第9節 vsベガルタ仙台レディース<平尾、高畑、筏井、山守、吉田監督コメントあり>

リーグカップ1部Bグループ、首位を走る仙台に痛み分け。

梅雨明けと共に、浦和レッズレディースがホーム・浦和駒場スタジアムに戻ってきた。

チームの再起を掛けて挑んでいるなでしこリーグカップ1部Bグループは、3勝2分け1敗とリーグ戦とは違いまずまずの成績でスタートした。6月12日、ホームに岡山湯郷Bellに4-0と快勝。続く6月19日には、新潟レディースを2-1と逆転勝利。そして、アウェイ4連戦を1勝2分け1敗で乗り切った。そして、ようやくホームへと5試合ぶりに戻ってきたのだ。しかも、対戦相手はアウェイで0-2と唯一敗戦を喫した仙台レディースである。ここは、何としてでもリベンジしたい。熱き浦和の魂がピッチで燃えた。

長船加奈選手は、右足軽い捻挫で大事をとって欠場。北川ひかる選手は、大学の行事のために不参加。吉田靖監督は「塩越を左にもってきて、もともとサイドバックをやったことがある栗島を右に使った。栗島は守備が安定している」と話し、今シーズン初めて栗島朱里選手を右サイドバックで起用した。

浦和のキックオフで始まった試合は、立ち上がりから仙台がハイプレスを掛けて主導権を握ってきた。3分、左からのクロスにタイミング良く川村優理選手がヘディングシュートを放ってきた。

(残り 1901文字/全文: 2432文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ