浦和フットボール通信

MENU

【選手ミニコラム】猛暑を乗り切り走り闘う男~槙野智章選手

TAK_6543_R

暑い!暑すぎる!夏が暑いは当たり前のことだが、いつから日本列島はこんなに暑くなってしまったのか・・・。東南アジアを連想させるゲリラ雷雨や35℃を越える猛暑日が続き、亜熱帯化しているように感じる。

Jリーグの試合開催時間が18時~19時になっていたとしても、ピッチで闘う選手たちにとって過酷な状況である。

ミシャ監督は「夏場の試合は、簡単ではない。条件は一緒だと思う人もいるだろうが、選手はロボットではない。走れる選手もいれば、暑さが負担になる選手もいる。そういった中で、選手たちがどういったプレーが出来るか見ていかなければならない。サッカーは、走らなければならないスポーツだ。だからこそ、走ることを選手に求めていきたい」と話した。

暑さで疲労が蓄積されて、選手の身体を蝕んでいく。猛暑の中で闘い走るためコンディションつくりは、選手の体質によっても違うだろう。だが、練習中から猛暑を乗り切る対策を万全に取っている選手がいた。槙野智章選手だ!

(残り 588文字/全文: 1004文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ