浦和フットボール通信

MENU

<ハイライト動画付き>【河合貴子の試合レビュー】明治安田生命Jリーグ2ndステージ第7節 vs湘南ベルマーレ<岡本(湘南)、西川、関根、武藤、槙野コメントあり>

ホーム500試合となった湘南戦を勝利で飾る

日本列島が猛暑に覆われた8月6日。埼玉スタジアムも気温30.6℃、湿度65%と不快指数81.5と最悪な状態であった。浦和にとっては、年間首位の座と2ndステージ優勝に向けて絶対に勝たなければならない試合。湘南にとっては、J1生き残るために勝ち点が是が非でも欲しい試合。対象的な立場の両チームの対戦となった。日が傾き始めると少し風が出て来たが、最悪なコンディションの中で闘いの火蓋が切り落とされた。

湘南のキックオフで始まった試合は、立ち上がり槙野智章選手がいきなり超ロングループシュートを放ち攻撃的な姿勢を見せていった。4連敗中の湘南であったが、両ワイドが下がりながらもDFラインを高く保ちハイプレスを掛けてきた。

古巣との対決に岡本拓矢選手は「初めてのアウェイの埼スタで、興奮して最初は高まる気持ちを抑えるのが大変だった」と話し「前から積極的に行こうと言うのはあったし、外れたとしてもしっかり戻って奪ってそこから出て行く狙いはあった。ミスがらみの失点、自滅だった」と悔しそうに話した。

(残り 2425文字/全文: 2930文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ