浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】300試合出場の柏木「自分のためだけでなく、人ために動くことが出来たらうちのチームの良さは出る」

試合後、すぐにスパイクを脱いで裸足になり左足を気にしていた柏木陽介選手。試合後のファン・サポーターの挨拶も北ゴール裏とメインスタンドのみとなってしまった。歩くのも痛そうで、第五中足骨骨折かと心配であった。

柏木選手は「足の裏の皮がむけた。ベロンんって前の方。砂が入ったのかなぁて思って残り30分ぐらいやっていた。あのまま良くやったかなぁって感じ。正直、凄く痛かった」と左足の裏が豆が出来たように水膨れになっていたのが試合中に潰れて皮が剥けていたのだ。

(残り 304文字/全文: 528文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ