浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】カップ戦で自信をつけて復調の浦女。決勝T進出。

今日のポイント!

プレナスなでしこカップ1部Bグループを突破するための最低条件は、引き分けであった。対戦する長野は、浦和に勝てば決勝トーナメントに進出できる。メンタル的に優位な立場で試合を迎えられたのは浦和であった。

だが、優位な立場が先制点を長野に決められて一変してしまった。焦りからリズムを崩して自滅するのが、リーグ戦での敗戦のパターンであった。

筏井りさ選手は「負け続けていて、精神的にも良い状態で出来なかったが、カップ戦になって勝てて自信が、自分たちの技術を出す落ち着きを生んだ。落ち着けば、ボールを動かす技術は、みんな持っている」と自信を持ってプレーしていた。

また、長船加奈選手は「初めからから、ついていると自分に体重に掛けて上手いことターンされるのは知っていた。初めから触らせないように、離れてプレーすることを意識していた。トラップ際を狙うように意識していた」と長野の得点源である横山久美選手を押えていた。

(残り 532文字/全文: 938文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ