浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】プレナスなでしこリーグカップ1部 Bグループ 第10節 vsAC長野パルセイロ・レディース<後藤、長野、長船、白木、筏井、栗島、吉田監督コメントあり>

プレナスなでしこカップ1部Bグループ突破をかけて熱い一戦を征す

浦和レッズレディースが、なでしこリーグカップ1部Bグループを突破するには、最低引き分けが条件であった。勝ち点12ポイントで2位に付けている浦和レッズレディースは、勝ち点で並びながらも得失点僅か2点差で3位になっているAC長野パルセイロ・レディースと決勝トーナメント進出をかけて直接対決となった。

長野は、元浦和の坂本理保選手がキャプテンを務めセンターバックのポジションからチームメイトを鼓舞し、前線に日本代表の若手ストライカー横山久美選手と元浦和の泊志穂選手のツートップ、トップ下に斉藤あかね選手に任せ、中盤をダイヤモンドの形を取る4-4-2のシステムで挑んできた。

17時キックオフだが、西日が肌を突き刺すようにジリジリと照りつける暑さの中、ピッチを駆け抜ける風が優しかった。

キャプテン後藤三知選手は「平尾が、コイントスで勝ったら右エンドが良いと言われた」とコイントスで勝った浦和は、西日を気にして右エンドを選択。長野のキックオフで始まった試合は、ハイプレスを掛けてパスコースを限定しボールサイドにスライドする守備から攻守の切り替えが早い長野が主導権を握ってきた。

吉田靖監督は「最初、プレスが厳しくサイドが変えられなかった。斉藤は、嫌なところに出て来てやらしかった。横山、泊、斉藤と得点が力があり、縦、縦に来るので対応が遅れないようにした」と長野前線を警戒していた。

長野風花選手は「トップ下をセンターバックのフネさん(長船加奈選手)か瑠華さん(乗松瑠華選手)が前に向かさないようにして、りささん(筏井りさ選手)とサンドしようと思っていたが、りささんがDFラインに吸収されてしまいギャップが出来てしまった」と話した。

浦和は、ピッチの幅を使ってサイドチェンジをしてサイドから崩して行く狙いであったが、苦戦を強いられることとなってしまった。そして15分、児玉桂子選手のアーリークロスにファーサイドへ飛び込んだ泊選手のヘディングシュートが決まり、長野に先制点を許してしまった。

流れが悪い中、白木選手は「相手のDFラインが高いので、背後を突いて行こうと思っていた」と話した。

(残り 2119文字/全文: 3031文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ