浦和フットボール通信

MENU

河合貴子のレッズ魂ここにあり!「男のプライド~宇賀神友弥選手 」

J開幕から浦和レッズを追いかけている”タカねえ”こと河合貴子さんによる浦和レッズコラム。毎週、タカねえの独自視点の浦和レッズを語ります。

TAK_6552_R

大活躍の甲府戦後に無言で立ち去った訳

息も苦しくなる猛暑の中を走り闘うのは、全ては勝つためで、その先にある栄光を一丸となって掴み取るためである。

1stステージを制覇したのは、鹿島であった。その鹿島に、2ndステージで意地を見せて死闘を征して、浦和が逆転勝利を収めたその夜、鹿島の関係者が悔しそうに「チャンピオンシップで待っている!」と言われたので、思わず「首を洗って待ってろ!」と言い返してしまった。

自分がピッチで闘うわけでもゴール裏から選手たちを鼓舞するわけでもないが、譲れない思いがあったから・・・思わず出た言葉であった。

浦和が、チャンピオンシップ出場権を得るためには、年間3位以内か2ndステージ優勝が条件である。だが、年間3位以内など目指していない。浦和が目指す道は、年間首位の座と2ndステージ優勝。そして、チャンピオンシップ制覇である。

浦和を愛する人々の決して譲れない思いは、計り知れないものがある。浦和を愛する全ての人々の譲れない思いを背負って、選手たちはピッチで闘っている。

その思いに、必死にピッチで応えようと自らのプレーにプレッシャーを課し、男のプライドを感じさせた選手がいた。宇賀神友弥選手である。

鹿島戦は、宇賀神選手は累積のため出場停止であった。自分がピッチで闘えない中で、チームは結果を出した。その後の練習では、結果を出した選手たちが中心となって、次節の甲府戦に向かって準備をしていたのだ。

主力組から外れた宇賀神選手は「自分が活躍することによって、チームの状態は良くなる」と練習から鬼気迫るプレーで主力組に食らいつき好調さをアピールしていた。

そして、甲府戦でスターティングイレブンに名を連ねた。

「アウェイの鹿島で勝って、出場した選手はポジションでアピールして帰って来た中で、前節勝ったメンバーでいくのが当然だと思った。でも監督がチャンスをくれた。今まで以上の緊張とプレシャーがあった」と宇賀神選手は心境を明かした。

そんな緊張とプレシャーの中で宇賀神選手は、先制点となる武藤雄樹選手へとクロスを送り、2点目となった李忠成選手のゴールを生み出した高木俊幸選手に絶妙なタイミングのスルーパスを出し、チームを見事に勝利へと導いたのだ。

誰もが宇賀神選手の活躍を称賛した。だが、甲府戦後ロッカールームから出て来た宇賀神選手は、厳しい表情を浮かべて「今日は、いいです」と頑なに取材を拒絶して、一言も話さずに足早にスタジアムを後にしたのだ。

後日、宇賀神選手は一言も話さなかったことについて「自分の中では、試合に勝って良かっただけで、プレーが良かったと評価されたくなかった。甲府戦のプレーが自分のプレーのベースにしないとチームが優勝するための力になれない」と自分に厳しいく話した。

甲府戦でのプレーに満足するのではなく、あくまでも自分の土台となるプレーだったのだ。だから、良いプレーだったと評価されたく無かったのだ。宇賀神選手にとっては、出来て当たり前のプレーだった。

浦和ユース出身である宇賀神選手が、流通経済大学時代に特別強化指定選手として浦和に戻って来たのは2009年8月25日のことであった。その当時、ユースからトップに上がれなかった悔しさを練習中から見せていた。「負けたくない」男の意地があった。それは、現在も変わらない。

ずっと宇賀神選手を見ていると、良い意味で宇賀神選手は「意地張り」であると感じることがある。自分が、こうだと決めたら絶対に譲らない選手である。執念深いと言うか、気骨がある。自身のプレーに満足したらそこから先、選手としての成長がないことを知っている。だから、誰が何と評価しようが、甲府戦で魅せたプレーが宇賀神選手自身のベースのプレーであると定めたことに納得してしまった。

「1stステージでは、自分のプレーが出来なかった。2ndステージに掛ける思いがある」と宇賀神選手は、1stステージの終盤でつまずき、3位と不本意な結果で終わった責任を人一倍感じていた。

しかし、1stステージは、ACLも闘い過密日程の中で、宇賀神選手の足はかなり張りがあり万全なコンディションでは無かったのは、プレーを見ていれば分かることだった。何も宇賀神選手の一人が責任を感じることではないと思う。

だが、宇賀神選手は「足が痛いとか、ピッチに立つ以上は関係ないし、言い訳にはしたくない」と力強く話した。そして「確かに身体にガタが来て、無理してやっていて本来のプレーが出来なかった。でも、やっている以上は、最低限どんな状況でも浦和の選手ならやらないといけない」と真っ直ぐに前を見つめて話した。そこには、男の意地と言うかプライドを感じた。

宇賀神選手は「チームとして結果が出ている中で、個人として納得したプレーが出来なかった」と話し「最大限、闘う!!宇賀神、熱いね!と感じ取ってもらいたい」と目を輝かせて笑った。

浦和を愛する人々の譲れない思いを背負い、執念深く誇り高き浦和の男のプライドを熱く燃やしながら、今日も宇賀神友弥選手は勝利を目指し走り続ける。浦和の栄光を掴み取るために。


川久保整形外科がリニューアル開院しました。平成28年5月6日(金)より新クリニックにて診療を開始しています。MRIなど最新施設を備えて、より良い環境の下での医療とサービスをご提供していきます。http://www.kawakubo-clinic.jp/

川久保整形外科

川久保誠 profile
1981年慶應義塾大学医学部整形外科教室入局。93年医学博士。94年英国リーズ大学医学部大学院へ留学、修士課程修了。96年より慶應義塾大学病院膝関節・スポーツ外来担当。東京歯科大学市川病院整形外科講師を経て2004年4月より川久保整形外科クリニック院長となる。浦和レッズレディースのチームドクターも務めた。http://www.kawakubo-clinic.jp/

(残り 0文字/全文: 2473文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

パートナーサイト

ページ先頭へ