浦和フットボール通信

MENU

<ハイライト動画付き>【河合貴子の試合レビュー】明治安田生命Jリーグ2ndステージ第9節 vs川崎フロンターレ<武藤、興梠、森脇、那須コメントあり>

首位攻防戦、川崎に1-2で惜敗

台風11号の影響で大気が不安定となり大荒れとなった8月20日。試合開始前に激しく降り続いていた雨も止んだが、蒸し暑さだけがピッチに残っていた。
年間首位と2ndステージ優勝の鍵を握る首位攻防戦となった川崎戦には、悪天候にもかかわらず「PRIDE OF URAWA」の横断幕と共に旗の波で選手バスを出迎え、4万4176人の人々が試合の行方を見守った。

名古屋戦以降、体調不良で練習を休んでいた関根貴大選手に代え、駒井善成選手をスタメンで起用。また、リオデジャネイロオリンピックから帰国した遠藤航選手と興梠慎三選手はベンチに控えた。

一方川崎は、大島僚太選手をスタメンで起用し、風間八宏監督は「自分たちが、ボールをしっかり持って崩すという課題で、レッズに対してどれだけボールを持てるかで、ボールを取らせない」と3-4-3のシステムで挑んで来た。

川崎キックオフで始まった試合は、立ち上がりから浦和が主導権を握っていった。駒井善成選手のクロスをゴール前で李忠成選手が身体を張って高木俊幸選手へ、高木選手のシュートはゴールわずか左へと逸れていってしまった。

川崎は両ワイドが下がり5バックを形成する中で、浦和はピッチの幅を使いサイドから揺さぶりを掛けてゴールを狙っていった。

しかし、左の2列目のポジションである中村憲剛選手が自由にポジションを代えて動き回り、徐々に試合の流れが川崎へと傾きかけると、15分に大久保嘉人選手がルーズボールを拾って小林悠選手へ、小林選手がドリブルで仕掛けて切り替えたところに中村憲剛選手が走り込みゴールを決めて川崎が先制。

「最初は、前でボールを獲ってチャンスを作ったが、川崎はゲームを落ち着かせるのが上手かった。失点は、僕のパスミス。獲られたあとにやられた。悔しい」と武藤雄樹選手は話した。

(残り 1874文字/全文: 2680文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ