浦和フットボール通信

MENU

【8/25 レッズ練習レポート】神戸戦に向けて良い調整ができている印象

TAK_8016_R
(Report by 河合貴子)

リーグとカップ戦で神戸3連戦の初戦に向けて

リーグ戦とルヴァンカップ戦でアウェイ2連戦、ホームでルヴァンカップ2ndレグとクラブ史上初の神戸3連戦を迎える。空が高く秋の気配を感じられるが、残暑厳しい8月25日。神戸3連戦に向けて練習が始まった。

戦線離脱している平川忠亮選手は、軽快なステップワークでリハビリメニューを熟していた。また、昨日は練習に参加した槙野智章選手が、脚の張りを訴えて室内で別メニューの調整となった。午前中、リハビリと治療に専念した槙野選手は、念のために大事をとってMRI検査を行った。明日の脚の状況を見て、練習参加と神戸戦の判断をする。また、日本代表に関しては、日曜日に代表のドクターによりメディカルチェックが予定されている。

アップ後、練習生と参加しているユースで高校2年の橋岡大樹選手は、コンディション調整しながらミニゲームの出番を待っていた。

(残り 1227文字/全文: 1623文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ