浦和フットボール通信

MENU

【選手ミニコラム】右でも左でもお任せ!~森脇良太選手

TAK_8143_R

(Report by 河合貴子)

試合を重ねていくごとに、ジワジワと選手たちは小さな怪我や目に見えない疲労が蓄積されていく。練習や試合での打撲、筋肉の張りも放置していくと肉離れや身体のバランスを崩して大きな怪我にも繋がってしまう恐さがある。

朝晩と涼しくなり夏の終わりが近づいて来た8月25日。ワールドカップロシア大会最終予選日本代表メンバーが発表された。浦和からは、西川周作選手と槙野智章選手、柏木陽介選手が選出された。

だが、前日までは元気よく練習に参加していた槙野智章選手が「脚に張りがある」と訴えて急遽、別メニューとなり室内でリハビリと治療によりコンディションを調整した。そして、午後には念のためにMRI検査を行った。

26日の状態を確認して神戸戦に向けての練習参加をするかが確定し、練習後の脚の状態によっては大きな怪我に繋がる前に大事をとって神戸戦を欠場する可能性がある。

不安を抱えながら槙野選手は「日本代表に選出していただき、大変光栄です。怪我の状況によりどのようになるかわかりませんが、日の丸を背負う責任と誇りを持って、勝利に貢献できるようにがんばりたいと思っています。応援よろしくお願いします」とチームを通してコメントを発表した。

前節の川崎戦で首位攻防戦に敗れた浦和は、残り8試合とYBCルヴァンカップをチームの総合力で闘い抜きたい。もちろん、初の神戸3連戦も優勝に向けて波に乗っていきたい。だが、無理して選手を壊して総合力を失ってしまったら・・・。無理は禁物である。神戸戦の前々日に槙野選手が大事を取ったことは充分に理解出来ることだ。

(残り 711文字/全文: 1381文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ