浦和フットボール通信

MENU

【9/2 レッズ練習レポート】梅崎は左膝前十字靱帯損傷と診断。槙野も鳥栖戦復帰に向けて調整中

TAK_8750_R
(Report by 河合貴子)

神戸3連戦、YBCルヴァンカップ第2戦に向けてコンディション調整

夏休みも終わり厳しい残暑の中、大原を訪れる子供たちの姿が消えてファン・サポーターの数もグッと減少した9月2日。練習が開始する前に室内で軽めのミーティングと言うよりもミシャ監督から訓話があったようだ。

午前9時半ごろに訓話が終わり最初にピッチに姿を見せた李忠成選手は「おはよう!」と笑顔を見せて「今日は、温かいね」と清々しい表情を浮かべていた。アウェイの神戸でリーグ戦、YBCルヴァンカップ第1戦を終え選手たちは、それぞれのコンディションに合わせてフリー調整となった。

森脇良太選手、高木俊幸選手、関根貴大選手、武藤雄樹選手、青木拓矢選手、ズラタン選手はランニングのみでコンディションを調整。那須大亮選手は、室内でコンディション調整。

また、神戸とのYBCルヴァンカップ第1戦で試合終了間際に、藤田直之選手と接触して倒れ込んだ梅崎司選手は、左膝前十字靱帯損傷と診断された。現段階では、まだ膝の腫れがあるため、手術は来週以降になりそうだ。

また、ハムストリング肉離れのため代表を辞退した槙野智章選手は、スパイクを履いてランニングをしたあと、軽くボールを使ったリハビリメニューやステップワークを行い、リーグの鳥栖戦に照準を定めてリハビリメニューに取り組んでいた。

(残り 1445文字/全文: 2015文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ