浦和フットボール通信

MENU

【選手ミニコラム】梅崎司選手。無念だがしっかりと怪我と向き合って欲しい。

TAK_8892_R

(Report by 河合貴子)
YBCルヴァンカップ準々決勝第1戦アウェイでの神戸戦、試合終了間際に相手と接触して梅崎司選手は、左膝からピッチに崩れ落ちた。左膝を抱えて起き上がれない梅崎選手の後ろでは、森脇良太選手も倒れていた。森脇選手の方が、遙かに痛そうであった。日頃から体幹や走り込みをして、人一倍身体をケアしていた梅崎選手が、まさかこんな大怪我をするなんて・・・我が耳を疑った。診断は、左足前十字靱帯損傷。膝の腫れが治まってから手術することとなった。

真剣勝負では、怪我はつきものである。だが、梅崎選手の胸中を思うとどうにもこうにもやりきれない。2009年11月17日に練習中に右膝前十字靱帯損傷し長期離脱を余儀なくされ、リハビリ生活に明け暮れてやっと完全合流を果たした矢先の2010年8月1日、大学生との練習試合の最中に接触プレーから右膝半月板を損傷した。今回、怪我をしたのが左膝であったことだけが唯一の救いであった。

梅崎選手は、YBCルヴァンカップ準々決勝第2戦の前日に練習場に姿を見せ、練習が始まる前に監督とチームドクターを交えて話しをしていた。

(残り 551文字/全文: 1027文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ