浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】今日のポイント!「DFリーダー那須大亮選手が頼もしく輝き、難敵鳥栖を完封!」<槙野、森脇、西川コメントあり>

今日のポイント!!

年間首位と2ndステージ優勝を目指す浦和にとって、川崎を追撃するにあたり勝利は必須である。得失点差を考えると、鳥栖戦を完封勝利で飾れたことは大きい。西川周作選手は「無失点!良かった」と本当に嬉しそうであった。

鳥栖の決定的チャンスと言えば、試合を通して2本ぐらいしかなかった。だが、浦和が先制点を決めた直後、ムスタファ・エル・カビル選手のシュートを西川選手が良く止めたと思う。

西川選手は「得点した後にすぐに失点したり、代表での経験が生きた」と話していた。あそこで鳥栖に同点にされていたら、明らかにゲーム展開は変わっていたと思う。

また、立ち上がりゲームの流れが悪かった中で那須大亮選手が、DFラインを統率してしっかりと押し上げて行き、セカンドボールが拾えるようにコンパクトに保っていた。

(残り 721文字/全文: 1071文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ