浦和フットボール通信

MENU

<ハイライト動画付>【河合貴子の試合レビュー】明治安田生命Jリーグ2ndステージ第12節 vsFC東京<那須、西川、李、関根、興梠、駒井コメントあり>

FC東京に逆転勝利で2ndステージ首位浮上

久しぶりに太陽が顔を覗かせた9月17日。日暮れが早く、秋の訪れを感じさせていた。残り6試合、浦和にとっては1戦、1戦が勝負!浦和は、アウェイの味の素スタジアムに乗り込んでFC東京に挑んだ。

槙野智章選手が両足に張りがあるため欠場となり、左のストッパーを宇賀神友弥選手、左ワイドを関根貴大選手、右ワイドを駒井善成選手に任せて挑んだ。

一方、FC東京は田邊草民選手の出場停止により6試合ぶりに橋本拳人選手がボランチで起用された。試合開始前には、ピッチに大量の水が撒かれて蒸し暑さに拍車を掛け、更にFC東京のサポーターの歌声を打ち消すように浦和のサポーターの歌声がスタジアムに響き熱気に包まれていった。

浦和のキックオフで始まった試合は、立ち上がりから攻守の切り替えが早くスピーディーな展開となっていった。

FC東京はハイプレスを掛け、浦和が後方から攻撃の組み立てを図るためにバックパスやDF陣で回すと、一気にDFラインを押し上げて来た。

最初にビックチャンスが訪れたのは、FC東京であった。7分、東慶悟選手からDFの裏を突く浮き球に前田遼一選手がゴールを狙うもバウンドが合わずに空振り。

那須大亮選手は「僕が振られて、抜け出されてしまった。ゲームの流れを決めるポイントだった」と安堵の表情を浮かべ「遼一は、身体が強くあそこで極力起点を作らせない、良い形でヘディングさせないと思った。極力自由にさせないことを意識した。前からFC東京が(プレスに)来る意図は感じていた。浦和が後方からの攻撃の組み立てで3枚回しや4枚回しを遣る中で対策をしてきた。運動量が落ちると思ったから、とにかく我慢だった」と話した。

(残り 2345文字/全文: 3101文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ