浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】今日のポイント「FC東京の守備的なシステム変更が逆に優位に働いた」

今日のポイント!!

前半からかなりのハイスピードで飛ばして来たFC東京。前線からのハイプレス、浦和がバックパスをすると一気に統率が取れた4DFラインを押し上げてコンパクトにしてきた。

まさに、浦和の後方からの攻撃組み立ても狙い、浦和のパスコースを潰し、浦和の良さを消すサッカーをしてきた。前半の危ないシーンを堪え抜き、後半勝負と切り替えて入った矢先のPKでFC東京に先制されてしまった。

1点をリードしたFC東京だが、追加点を奪いに来ると思いきや、58分の早い段階でシステムを3DFへ変更して、ワイドの選手を下げて5DFとしブロックを作り1点を守る守備的な闘い方をして来た。

西川周作選手は「守備的にしてきて、チャンスだと思った」

(残り 959文字/全文: 1270文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ