浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】今日のポイント「残留争いに向けて大きな連勝」吉田監督「この2戦に負けたら入れ替え戦、2部に落ちると思っていた」

今日のポイント!!
中断明けのなでしこリーグを最下位からスタートした浦和。中断期間中に開催されたカップ戦での戦いで自信を取り戻し、コノミヤ・スペランツァ大阪高槻に4-0で勝利して得失点差で8位に浮上した。最下位の10位は自動降格、9位は入れ替え戦となる。残留に向けてのボーダーラインは8位である。残留ボーダーラインの8位浦和対9位岡山湯郷Belleの対戦となった。

吉田靖監督は「直接対決で高槻(コノミヤ)に勝ちこの試合、チーム事態は良くなって来ている手応えがあったが、慎重に闘うつもりだった。この2戦に負けたら入れ替え戦、2部に落ちると思っていた。選手たちには普通のゲームのようにとやってきたが、僕自身は負けられないとやってきた」と平常心を装いながら選手たちが普段と変わらない力が出せるようにとピッチへ送り出していた。

(残り 860文字/全文: 1218文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ