浦和フットボール通信

MENU

<ハイライト動画付>【河合貴子の試合レビュー】明治安田生命Jリーグ2ndステージ第13節 vsサンフレッチェ広島<柏木、興梠、阿部、関根、那須、宇賀神コメントあり>

1stステージのリベンジを果たし、広島を完封勝利しチャンピオンシップ出場権を獲得

停滞する秋雨前線の影響を受けて愚図ついた天候が続く中、久しぶりに埼玉スタジアムを晴れやかな青空が広がった。2ndステージ首位に立つ浦和は、前節のFC東京戦に続き槙野智章選手は欠場。左ストッパーを宇賀神友弥選手が務め、FC東京戦で復活の狼煙を上げるゴールを決めた興梠慎三選手が公式戦5試合ぶりにスタメンに復帰して広島戦に挑んだ。

ミシャ監督が土台を作りし、そこに森保一監督がしっかりとしたチーム作りをした広島は言わずと知れた同じシステムだが、広島の守備の仕方は全く浦和とは別のものであった。浦和のキックオフで始まった試合は、広島はマンツーマン気味に守備を固めて浦和の攻撃的なパスやトラップした瞬間に狙いを定めてきた。

柏木陽介選手は「前半、あまりうまく回せなかった。ダラダラした試合に見えたんじゃないかな。前に入れたいけど、入れたら獲られて神戸戦で勉強してきたからその辺を考えながらプレーした」と攻め急がずにじっくりとボールを保持しながら攻撃の糸口を探っていた。

興梠慎三選手は「マンマークはキツくはなかったが、スペースがかなりあったと思うし、自分に入ってくるときになかなか収まらなかった。良い形が出来なかった」と話した。

阿部勇樹選手は「前からプレスが来ていた訳ではなく、マンマークをワンツーだったり、フリックは相手も分かっていて狙われているので3人目の動き出しが出来た時に前を向いて3人目の選手が運んだりするシーンがあった時にスムーズに行っていた。高い位置で失なった時に、獲れたらチャンスになる。入りから我慢して、前にボールを動かしてスピードアップ出来ればと思っていた。いつも広島とやるときは、どちらかに点が入るまで難しい試合になる。規律を意識しつつやっていく中でチャンスが作れると思っていた。先に点を与えないようにと思った」と我慢しながら攻撃を組み立てていた。

浦和は、ボールをポゼッションしながら攻撃を仕掛けていったがシュートまで持ち込めない展開となり徐々に停滞し始めると、広島が縦に早い鋭い攻撃を仕掛けてきた。

31分、ミキッチ選手が塩谷選手からのスルーパスに関根貴大選手のマークを外すように斜めに走り込み、思わず関根選手がミキッチ選手を倒してしまいPKを与えてしまった。

関根選手は「今までやって来て一番不甲斐ない」と下を向き「ポジショニングが全てだと思うし、読みの力だったりタイミングを狙ってくるところでミキッチ選手は駆け引きが上手かった。PKも与えたし、好きなようにやられてしまった。反省して、次に向けて良い経験にしたい」と話した。関根選手には、このプレーでイエローカードが出され、累積3枚目となり次節にG大阪戦は出場停止処分となってしまった。

(残り 2440文字/全文: 3645文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ