浦和フットボール通信

MENU

【選手ミニコラム】間に合った!槙野智章選手

tak_1809_r

(Report by 河合貴子)
8月下旬にハムストリングの軽い肉離れで代表を辞退した槙野智章選手。鳥栖戦で復帰したものの無理が祟り、再び離脱した。ハムストリングの肉離れは癖になりやすいと言われている。慎重に慎重に槙野選手を復帰のタイミングを見極めていた。

槙野選手は「再発を避けたかった。去年だったら無理してやっていたと思うが、残りのCSもルヴァンカップも天皇杯も代表もある。無理してやる時期ではないという判断と29歳になって色々と考えてた上での判断だった」と無理をせずに調整してきたのだ。

そしてG大阪戦を二日後に控えた9月29日、ミニゲームに参加したのだ。ミニゲームでは球際に対して厳しい守備を見せていたが、逆サイドに展開するようなロングボールを蹴るシーンはなかった。怪我明けのミニゲームのリバウンドが、どのくらい槙野選手の身体に負担となるかは分からない。

でも練習後「身体の状態的には、全く問題ない。こっちのワガママを聞いてもらって、少し別で調整したところもあった。その反面、チームは非常に良い結果を残した。自分にポジションを与えられていると思っていないし、自分のやるべきことをしっかりと理解して週末の試合に向けて準備したい。公式戦のスタジアムの雰囲気で、また変わってくると思うし、あとは早く自分のゲーム勘を取り戻すことが大事になって来ると思う」と試合出場に向けて意欲的に話した。

(残り 602文字/全文: 1190文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ