浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】プレナスなでしこリーグ1部第15節vsベガルタ仙台レディース <加藤、北川、猶本、後藤、長船、吉田監督コメントあり>

仙台に逆転されて悔しさ募る敗戦

久しぶりに天高く爽やかな秋空が広がった10月2日。思ったよりも気温が上昇し、10月とは思えないほど残暑厳しい中での試合となった。

なでしこリーグ1部残留を目指して浦和レッズレディースは、ホーム浦和駒場スタジアムにベガルタ仙台レディースを迎えた。仙台が1部に昇格してからは、一度も勝利したことがない公式戦11試合も未勝利の相手だ。

浦和は、勝ち点を延ばして残留を確実にしたい。そんな思いをぶつけるように、試合の立ち上がりから浦和は、積極的に仕掛けていった。

4分、猶本光選手から縦パスを受けた加藤千佳選手が、DFの裏を狙うように白木星選手へ、白木選手が競り合いながら抜け出しシュート態勢になりかけたところを北川ひかる選手がタイミングよく拾ってゴールへと流し込んだ。

加藤選手は「間がすごく空いている感じがして、スペースがあった。光から(猶本選手)から入ったらターンできるイメージが出来ていて、北川も上がって来ていて、白木も良い動きをしていた。自分は、選ぶだけだった。その動きが良かった。自分は、白木にパスをしたんだけど、白木がタッチしてシュートを撃てる状況だったのに北川が獲っちゃったみたいな感じだった」と先制点のシーンを振り返った。

先制点を決めた北川選手は「FWの位置まで走って、得点する、パスを出すことが練習でも出来ていた。自分でもあそこまで前に行き、千佳(加藤選手)さんが持った時に、星さん(白木選手)さんと自分でゴール前まで行き、ファーストタッチで決められて良かった」と恥ずかしそうに笑った。

攻撃の起点となった猶本選手は「千佳が良いところにいて、良い得点だった。良いバランスの立ち位置にいた」と振り返った。まさに、ゴールに向かってピッチの中央から縦に早い攻撃であった。

早い時間に先制点を決めて幸先の良いスタートを切ったものの、両チームともにサイドにスライドする守備の攻防戦となり、シュートまで持ち込めない展開になってしまった。

(残り 2141文字/全文: 2968文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ