浦和フットボール通信

MENU

【選手ミニコラム】ボランチ起用の遠藤航選手がゴールへの推進力に。

tak_2353_r

遠藤、青木のダブルボランチがバランスの良さを見せた

ルヴァンカップ準決勝の相手は、FC東京だ。3年ぶり決勝の舞台へ立つために、チームの主軸である西川周作選手や柏木陽介選手、槙野智章選手が代表招集で不在の中をどう闘い抜くのかが大きなポイントとなる。

また、リーグのG大阪戦から中3日で迎えるこの一戦。出来れば、ベテランの阿部勇樹選手をベンチスタートとしてホームの第2戦目に備えたいと思ってしまう。

ルヴァンカップ準決勝・第1戦のFC東京戦前日練習のミニゲームでは、主力組となる3バックの真ん中をリーグFC東京戦で見事に前田遼一選手をシャットアウトする競り負けない強さを発揮していた那須大亮選手が務めていた。

そして、ボランチは青木拓矢選手と遠藤航選手のコンビであった。実に、このコンビのボランチのバランスが良かった。先制点も森脇良太選手からズラタン選手へと攻撃のスイッチが入った瞬間に、遠藤選手スルスルと中央をウェーブを描きながらオーバーラップしてゴールを決めた。

もちろん、中盤の空いたスペースを青木選手が阿吽の呼吸で埋めていた。ラストゴールもズラタン選手に楔のパスが入る瞬間に遠藤選手が追い越す動きからシュートを放ち、こぼれ球を李忠成選手が決めたのだ。2ゴールとも遠藤選手の推進力でゴールが生まれた。

tak_2587_r

遠藤選手は「やることは変わらないけど、誰とボランチのコンビを組んでも同じではない。陽介さん(柏木選手)だったら、あそこまで前に行かない。青木君だったから前気味にやって見た」とニヤリと笑った。

そして「ボランチだったら、運動量だ。しっかりと走ること、ボールの受け方や攻撃も考えないといけない。理解しながらプレーすることだ。那須さんが競り合い、セカンドボールを拾う意識で優位に立てれば良い。前回のFC東京戦は、東京が前プレスを掛けてきて前半は嵌まってピンチになった。そこは、シンプルにゲームに入りたい。ただ、守備的にならずにアウェイゴールを獲りに行く。リズムを持ちながら攻撃的なサッカーをしてしっかりと勝つことを考えれば良い。勝って帰らないと、相手が優位になる」と身を引き締めていた。

リーグのG大阪戦では、3バックの真ん中を無難に熟した。ボランチは、オリンピック代表でもやってきたポジションだ。出来れば、ルヴァンカップ準決勝第1戦となるFC東京戦の3バックの真ん中を那須選手に任せて、ボランチを青木選手と遠藤選手のコンビとして阿部選手を休ませたい。

「いろんなポジションが出来ることが、自分の良さでもある。どのポジションでもハイレベルなプレーを魅せないと、もう一つレベルの高い所にはいけない」と遠藤選手は話した。

青木選手とコンビを組んで、ゴールへの推進力を魅せ付けた遠藤選手。ハイレベルなプレーをFC東京戦のピッチで魅せる!!

(残り 0文字/全文: 1155文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ