浦和フットボール通信

MENU

【10/8 FC東京戦前日練習レポート】3年ぶりの決勝を目指し東京を迎え撃つ。ペトロヴィッチ監督「チームとしてクオリティーが高いことを証明する」

tak_2865_r

(Report by 河合貴子)

3年ぶり決勝の舞台を目指し、FC東京をホームで迎え撃つ

ルヴァンカップ準決勝・FC東京戦ファーストレグをアウェイで2-1と勝利を収めて、優位な状況でセカンドレグを闘える浦和。試合を前日に控えた10月8日。朝から降り続いた雨は、練習が始まる頃には止んだが、灰色の雲に上空を覆われ照明塔に明りが灯った。

長期離脱の梅崎司選手、代表招集のため西川周作選手、槙野智章選手、柏木陽介選手が不在の中、昨日の練習で伊藤涼太郎選手が足首を捻り離脱してしまった。更に、ランニングとストレッチを一緒にやっていた阿部勇樹選手が、通称”鳥かご”のボール回しが始まるとランニングのみのコンディション調整となった。

tak_2617_r

アップのGK練習では、前からプレスを掛けられる中で正確にサイドへロングフィードする練習も行われていた。アップ後、森脇良太選手も別メニューとなったため、両サイドの幅を約10m短くして9対9の変則的なミニゲームが行われた。

(残り 1666文字/全文: 2080文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ