浦和フットボール通信

MENU

<ハイライト動画付>【河合貴子の試合レビュー】FC東京を下し3年ぶりの決勝へ<高木、遠藤、興梠、駒井、森脇、那須コメントあり>

FC東京を下して、3年ぶりに決勝へ

雨も上がり、肌寒が深まる秋の気配を感じさせる10月9日。浦和を愛する人々の心は、天高く秋晴れとなった。FC東京を第1戦のアウェイで2-1、第2戦のホームで3-1と下し3年ぶりに決勝進出を決めた。決勝の舞台が国立競技場から埼玉スタジアムに移行してから、初めての決勝進出となった。

YBCルヴァンカップ準決勝第1戦、アウェイの地でFC東京を2-1で逆転勝利を収めて、優位な状況でホームへと戻って来た。15日に開催されるYBCルヴァンカップ決勝戦を考慮して、阿部勇樹選手を3月2日浦項戦以来となる今シーズン2度目のベンチスタートとした。ボランチは、準決勝第1戦の前に練習していた遠藤航選手と青木拓矢選手のコンビとなった。

FC東京のキックオフで始まった試合は、開始2分、高木俊幸選手が狙った直接FKが右ポスト直撃した。

高木選手は「少し可能性が見出せたと思った。GKが取り辛いボールだったりとか、ズレて入れば良いかなと言うぐらいの気持ちで、思い切って蹴った。昨日の居残り練習でも感触が良かったから、思い切って狙って見た」と恥ずかしそうに話していた。

立ち上がりから浦和が積極的な姿勢を見せていった。遠藤選手は「アウェイでは、先制されて逆転出来てアウェイゴールが2つ獲れたことは、自分たちにとっては優位な状況にありながらも、ホームでの失点する重みを自分たちは分かっていた。立ち上がりの入り方だったり、如何にゲームをゼロで抑えて進めていくかが今日のポイントになると思っていた」と話した。

ミシャ監督は「今日のゲームは非常に立ち上がりが良かった。第1戦では、2-1と勝利しましたが、アドバンテージを考えてプレーするのではなく、『今日のゲームも勝って勝ち上がるんだ』と言う姿勢を選手たちは魅せてくれた」と満足そうに話していた。

(残り 2393文字/全文: 3204文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ