浦和フットボール通信

MENU

【10/14 ルヴァンカップ決勝前日練習レポート】決勝に向けて良い準備ができた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(Report by 河合貴子)

いざ!ルヴァンカップ決勝へ

薄曇りで肌寒くなった10月14日。決勝の舞台に駒を進めた浦和とG大阪は、対象的な試合前日練習となった。

浦和は、埼スタのピッチコンディションを考慮して、午前11時からサブグランドで行われ、クールダウンのみだけ試合会場のピッチを使用して行われた。

一方のG大阪は、午後1時45分から試合会場のピッチで練習を行った。しかも、全部練習を公開した浦和に対し、G大阪は冒頭15分のみの公開と対象的。G大阪の公開練習15分で見られたのは、アップで浦和が普段から行っている通称「鳥かご」のボール回しのみであった。また、「パトリックの状態は何とも言えない。遠征に帯同しないことは・・・難しい」と長谷川健太監督は言葉を濁しながら話していた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サブグランドで始まった浦和の練習は、大原で行われる練習と変わりない雰囲気で、大一番の決勝を控えていても選手たちは、明るくリラックスした雰囲気で通称「鳥かご」のボール回しで汗をかいた。アップ後、興梠慎三選手はリーグのG大阪戦の前日練習と同じように別メニューでコンディション調整を行った。

G大阪を想定したミニゲームでは、ピッチの幅をペナルティーエリアのラインに合わせて縦長のグリットで行われた。

(残り 1557文字/全文: 2088文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ