浦和フットボール通信

MENU

【選手ミニコラム】ルヴァンカップ決勝で相対する、2人の日本代表GK

tak_3084_r

(Report by 河合貴子)

西川「GKの出来で、試合が決まる」

ルヴァンカップ決勝の舞台に勝ち上がって来たのは、西の雄G大阪と東の猛者浦和であった。どちらのチームにも日本代表のGKが守護神として輝きを放っている。

西川周作選手は「GKの出来で、試合が決まる」といつも口癖のように話していた。そして「笑門福来」をモットーにどんな時でも西川スマイルの笑顔を見せて来た。もちろん、日本代表の守護神は、浦和の西川周作選手だ!だが、対G大阪戦となるとことごとく大事な試合で浦和はG大阪に敗戦して来た。何度となく味わって来た屈辱を心に刻み、笑顔の奥に封じ込めて来たはずだ。

ルヴァンカップ決勝を前に西川選手は「決勝って感じがしないですね。ホームのスタジアムだし、リーグ戦と変わらない感覚だ」といつもと同じ笑顔を浮かべて平常心だった。そして「チームメイトが準々決勝から勝ち上がって来てくれた責任を果たさないといけない。みんなの頑張りがあって感謝の気持ちでプレーで応えていきたい。リーグ戦では、自分たちの良さが結果として出た。ガンバよりも基本的なことが優っていて圧倒出来た」と笑顔を見せて話した。

(残り 945文字/全文: 1432文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ