浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合レビュー】激闘を制し13年ぶりのカップタイトル<西川、遠藤、宇賀神、駒井、李、柏木、森脇、興梠コメントあり>

G大阪と死闘を征しYBCルヴァンカップ優勝

爽やかな秋空が広がり、最高な決勝の舞台が整った。YBCルヴァンカップ決勝は、浦和対G大阪。浦和の本拠地である埼スタでG大阪にルヴァンカップを掲げさせる訳にはいかない。浦和のプライドが許さない。浦和を愛する人々の思いが籠もったコレオグラフィーが、埼スタを彩っていた。

10月1日に行われたリーグ戦で、4-0と大敗を喫したG大阪は、長沢選手をベンチスタートとし、アデミウソン選手のワントップ、トップ下に遠藤選手を起用して挑んで来た。

浦和のキックオフで開始した試合は、立ち上がりから主導権を握って行ったのは浦和であった。ボールを保持しながらシュートまで持ち込めない展開の中、10分に遠藤航選手からロングフィードを受けた関根貴大選手がカットインからゴールを狙うも東口選手に止められてしまった。

G大阪は、浦和がDFラインで攻撃の組み立てを図るボール回しに対して、前線からプレスを掛けて来た。また、遠藤選手がフリーマンの役割を果たしポジションを前後に試合の流れを見ながら変化をつけて来た。そして、ニューヒーロー賞に輝いた井手口選手とベテラン今野選手のダブルボランチが中盤のスペースを上手く埋めてバランスを取っていた。

主導権を握られ押し込まれることとなったG大阪は、15分にカウンターを狙った遠藤選手からオフサイドギリギリに飛び出したアデミウソン選手へとボールが渡り、倉田選手がゴール前へと飛び込むも身体を張ってシュートを撃たさない守備を魅せた。

そして、浦和が押し込む中で槙野智章選手の持ち上がったところを遠藤選手と今野選手に挟まれる形でボールを失い、遠藤選手からのパスをアデミウソン選手が遠藤航選手と身体を入れ替えるようにハーフライン手前からドリブルで独走して、西川周作選手と1対1になりながらも冷静にゴールへと流し込みG大阪が先制。

西川選手は「打ち込んだというか、一番危険な形でやられてしまった。あのシーンも試合前から監督も言っていたし、自分たちも気をつけようと言っていたので、そこは自分たちのミスだった。相手が個の力でできることは想定内だったので、そこはチームとして反省材料。でも失点してもみんな慌てていなかったので大丈夫だなと思った」と先制されても落ち着いていた。

遠藤航選手は「前で奪えると思っていったんだけど、思ったよりピッチの具合などでボールの伸び具合が無くて、自分が足を出したタイミングはまだアデミウソン選手にボールが渡りそうでなかったタイミングで、タイミングはすごく悪かった。もう1個を前に入れて取れればよかったし、シンプルに遅らせる対応をするかどっちかだったと思います」と失点シーンを振り返った。

(残り 3456文字/全文: 4576文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ