浦和フットボール通信

MENU

【ルヴァンカップ優勝コラム】大会MVP級の活躍、高木俊幸が”浦和の男”になりつつある。

kaz_2400_r

高木個人にとってもリベンジの大会だった

河野正(取材・文) 1992年にJリーグ最初の公式大会として創設されたナビスコカップは、今季から大会名をルヴァンカップに変更した。その初代ウイナーに浦和レッズが名を刻んだ。ナビスコ杯時代の2003年に初優勝して以来、2度目の頂点に就いた。 浦和はこの大会と縁遠かった。今回で3年ぶり6度目の決勝進出ながら、過去5大会は1勝4敗と相性が悪かった。しかも得点したのは、鹿島アントラーズに4-0で大勝した優勝時のみだ。敗れた4度とも無得点に終わっている。 今回の決勝も宿敵ガンバ大阪に前半17分に先行され、なかなか追い付けない情勢が続いた。しかし後半31分、柏木陽介の蹴った右CKを31分に交代出場したばかりの李忠成が頭で同点ゴールをねじ込み、1-1からのPK戦を5-4で制した。 森脇良太、槙野智章、柏木、阿部勇樹、宇賀神友弥、興梠慎三……。柏レイソルに屈した3年前の決勝に出場していた選手は、今回の決勝にも6人が先発。控えの那須大亮を含めると7人だ。さらに西川周作、森脇、槙野、李はサンフレッチェ広島時代の14年の決勝でジュビロ磐田に敗れた。磐田には那須がいてフル出場している。今回ベンチ入りした石原直樹は、広島の主力として14年の決戦に出たがG大阪に完敗。 こう見ると、随分とたくさんの選手がファイナルで苦汁をなめた。

(残り 591文字/全文: 1164文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ