浦和フットボール通信

MENU

試合のポイント「しっかりとしたリスク管理で勝利を手繰り寄せた」

阿部「他の試合で痛い目にあっているし、相手がカウンターをやってきて落とした試合もあった」

年間首位と2ndステージ優勝を狙う浦和。対する新潟は、勝ち点1でも欲しい残留争いをしている。両チームが置かれた状況は、雲泥の差があるにしても勝ち点が何としてでも欲しい状況は同じであった。攻撃力を誇る浦和を苦しめたのは、新潟の固い守備からのカウンター攻撃であった。

ゲームの入りも良く、幸先良く遠藤航選手からロングボールに飛び出した興梠慎三選手が冷静にゴールを決めた。これで、新潟が前に出て来るしかない状態になり楽にゲームを運べると思った矢先、森脇良太選手のミスから失点をしてしまいゲームを難しいものにしてしまった。

試合後、森脇選手は「逆転してくれと思っていた。最後に慎三がゴールを決めてくれましたけど、あの1点でみんなに助けられた。反省するところは、反省しないといけない」と本当に申し訳なさそうに話していた。

(残り 939文字/全文: 1336文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ