浦和フットボール通信

MENU

レッズレディース最終戦、女王日テレ相手に終了間際に2失点で惜敗<乗松、筏井、猶本、白木、エミリー、後藤コメントあり>

(Report by 河合貴子)

プレナスなでしこリーグ1部第18節 vs日テレ・ベレーザ

秋の空を印象づけるうろこ雲が、浦和駒場スタジアムの上空に広がり少し汗ばむ天気となった10月23日。残り1試合で自力でなでしこリーグ1部残留を決めた浦和レッズレディースは、女王に輝いた日テレ・ベレーザを最終節でホームに迎えた。左足の太腿に張りがあり違和感を感じて試合前日も別メニューで調整していた北川ひかる選手はベンチ外、左サイドバックを塩越柚歩選手が起用された。

浦和のキックオフで試合が始まった。日テレには、なでしこリーグカップ準決勝で0-4と大敗を喫しているだけに、浦和は守備意識が高く身体を張った粘り強い守備を魅せていった。

3分、長谷川唯選手がカットインからシュートを乗松瑠華選手が身体を張ってシュートブロック!

10分、有吉選手が左サイドから切れ込みクロスを入れて来たが池田咲紀子選手がニアでクリアー!続く日テレのCKのチャンスもゴール前の混戦の中から凌いでいった。

乗松選手は「ベレーザと特徴してどんどんポゼッションしながらなので、いつもみたいに前から行くと言うよりは、ある程度DFラインを設定してそこに侵入してきそうになったら限定することを意識していた。蹴られて拾われるのが、一番嫌だった。前半から、コンパクトにすることが徹底出来た」と守備面で手応えを感じていた。

浦和は、日テレに主導権を握られながらも粘り強くシュートを撃たさない守備を魅せた。前半、日テレに撃たれたシュートはわずかに2本であった。しかし攻撃面になると、ボールサイドにスライドして数的優位を作る日テレのポジショニングの良さに決定的なチャンスが作れずにいた。

筏井りさ選手は「相手の裏へのボールとかセカンドも拾えていたが、チャンスになりきったか?そこまで攻撃の形を作れなかった」と悔しそうに話していた。

30分過ぎぐらいから、浦和のリズムになりかけるも決定機は作れずに0-0で前半を折り返した。

(残り 1628文字/全文: 2449文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ