浦和フットボール通信

MENU

試合のポイント「粘り強い守備を見せるも女王とのチームの差は歴然としていた」

(Report by 河合貴子)

猶本「しっかり粘り強くみんなが失点しないという思いでやっていた」。

今シーズン、女王の座に輝いた日テレ。今シーズン、残留争いに巻き込まれた浦和。チームの差は歴然としていた。

日テレは、ボールサイドに素早くスライドして数的優位を作りボールを奪うと、そこからコンビネーション良く攻守を切り替えてショートパスを繋いだり、ロングボールを入れたりと巧みに仕掛けてきた。

浦和も守備の意識が高くしっかりとブロックを作り粘り強い守備が出来ていた。だが、粘り強い守備から攻撃へと移るときに、日テレの守備に嵌まってしまった。

吉田靖監督は「日テレが強いのは分かっていた。粘り強く良い奪い方で点を狙っていくことは出来ていた。持って行ったときに、パスが乱れてたり、1対1で抜けなかった。最後の大事なところだ」と日テレとの力差を感じていた。「優勝相手に互角の戦いが出来た。最後に失点して負けてしまった。0-4で負けた時に比べれば進歩している」と手応えを感じていた。

猶本光選手も「(今シーズン)自分たちから崩れていたところがあったので、しっかり粘り強くみんなが失点しないという思いでやっていた。まぁ、ポンポンとやられてしまったけど、評価はして良いと思う」と笑顔を見せた。

(残り 622文字/全文: 1154文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ