浦和フットボール通信

MENU

【選手ミニコラム】清水時代を振り返った高木俊幸「エコパは浦和のホームのようだった」

tak_4433_r

(Report by 河合貴子)

「浦和は、試合前からサポーターが気合いが入っていて、凄いなって思っていた」

Jリーグも佳境に入り残り2試合となった。2ndステージ首位を走る浦和は、次節、磐田戦で引き分け以上であれば2ndステージ優勝が決まる。さらに、年間勝ち点1ポイント差で浦和を追いかける2位川崎が次節鹿島に負けたら年間首位の座が決まる。

出来ればホームで・・・と思う気持ちはあるが、そんな悠長なことを言っている場合ではない。とにかく、鹿島対川崎の結果を気にせずに浦和が勝てば良い。

一方、対戦相手の磐田は、降格圏内最後の1枠を甲府・新潟・名古屋と熾烈な残留争いの真っ直中で勝ち点1ポイントでも欲しい状況である。

(残り 759文字/全文: 1061文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ