浦和フットボール通信

MENU

【選手ミニコラム】苦い思い出が残る流経大戦で、岩舘の勇ましい輝く姿があった。

tak_7334_r

(Report by 河合貴子)

この練習試合で見せた仲間を鼓舞する声掛けやコーチング、パフォーマンスは、心を揺さぶるものがあった

水戸から浦和にレンタル移籍してきて、何年が経っただろうか・・・。今シーズンから浦和に完全移籍となった岩舘直選手。2014年6月から約1年半の年月が流れた。その内の約半年は、左アキレス腱断裂によって長期リハビリ生活で辛い日々を過ごしていた。

昨年の3月28日に行われた流通経済大学との練習試合で、ハイボールをキャッチして着地した瞬間の怪我であった。11月18日、その苦い思い出が残る流通経済大学との練習試合のピッチに、岩舘直選手の勇ましい輝く姿があった。

相手と1対1になるシーンでも動じずに無闇に飛び込まず冷静にシュートコースを消して、ファインセーブを魅せた。仲間を鼓舞する声もフィードも守備範囲も良かった。

長期離脱のリハビリ生活が終っても、浦和には絶対的存在の西川周作選手がいる。練習でのミニゲームでも大谷幸輝選手と半々でゴールを守る。試合に出場出来ず、ベンチにも入れない日々の中でも気持ちを切らさずに、向上心を持って練習に取り組んで来た。その成果が、流通経済大学との練習試合で観ることが出来たのだ。

正直、岩舘選手のGKとしての成長を感じることが出来て嬉しくなってしまった。

(残り 841文字/全文: 1389文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ