浦和フットボール通信

MENU

【河合貴子の試合のポイント!】我慢強く、レッズが試合巧者ぶりをみせた

阿部勇樹選手は「最初の1点がどっちに入るかっていうのが非常に重要だった」

チャンピオンシップ決勝第1戦をホームで闘う鹿島の狙いは、浦和にボールを保持させながらしっかりとブロックを作り、奪ってからのカウンターであった。そこで自分たちが先制したら、ゲーム運びが楽になると踏んでいた。一発勝負や優勝が掛かった試合のゲーム運びが上手いのが鹿島だ。

だが、それを逆手にとってPKで先制点を奪った浦和は、槙野智章選手や森脇良太選手が攻撃的な姿勢を出してリスクを冒して上がることもなくしっかりとゴール前を固めて鹿島の攻撃をしのぎ、1点を守り切った。

阿部勇樹選手は「最初の1点がどっちに入るかっていうのが非常に重要だったと思うし、リーグ戦は先に取られて追いかける展開になってしまったので、やっぱり失点しないこと、鹿島のホームだし、点を取ることによって勢いが出てくると思うし、そういうのを考えるとやっぱり失点ゼロで進められればいいかなと思っていた。ただ、進む中で前線がチャンスを作って点を決めてくれるというのは今シーズン戦ってきてずっと思っているし、もっともっとチャンスを作れると思うので、それを意識して戦えたと思う」と嬉しそうであった。

(残り 492文字/全文: 1000文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ