浦和フットボール通信

MENU

【2016シーズンを振り返るPart3】完成の域にあるミシャサッカー。その先に求められるもの

kaz_7950_r

今季も浦和レッズを丹念に取材してきた河合貴子さんと、2016シーズンを振り返ります。ミシャサッカー5年目で完成の域にある中で、さらに求められるものは何か。2016シーズン振り返り最終回となります。

完成の領域にある”ミシャサッカー”

椛沢:リーグ戦だけを見るとミシャサッカーは完成したのかなと見えました。

河合:それはそう見える。でもそれはメッキだったと言われてしまう結末になった……。

椛沢:リーグ戦ではプレッシャーが掛かってないですからね。

河合:はあ……。

椛沢:ACLも初めて予選を突破して、予選リーグではホームで広州恒大にも勝ちました。

河合:振り返ってみても浦和のグループは死のグループだった。浦項、シドニー、広州。よくここを勝ち上がった。もしソウル戦に勝っていたら、とんとんとACLを制覇していたんじゃないかという期待があった。ただ、ACLを勝ち上がっているとひどい日程になっていたんだよね。

椛沢:その時はリーグ戦が厳しい闘いになっていたかもしれないですね。実際にソウル戦で敗退してからリーグ戦でも引きずり連敗を喫してしまいました。あのソウル戦は相当テンションを上げていたんでしょうね。

(残り 3903文字/全文: 4396文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ