浦和フットボール通信

MENU

VIPインタビュー:浦和4校の重鎮OBが語る浦和サッカー(11/10)

たとえ浦和レッズが低迷しようとも、フットボールは続く・・・・。それが我らがURAWAの矜持。
終戦直後の昭和20年代から50年代まで、全国を席巻したサッカー王国の寵児たちが秋たけなわの「西高」のピッチに帰って来た。11回目を迎えた浦和「4校サッカー部OB交流会」の模様と、往年の名手たちの声をリポートする。(浦和フットボール通信編集部)

「浦和を制するものは全国を制する」という言葉が生まれるほどの歴史がこの街にはある。その言葉を支えたのが、浦和4校の浦和高校、浦和西高校、浦和市立高校、浦和南高校である。浦和高校の昭和24年東京国体優勝を皮切りに、昭和32年には、浦和西高校が全国制覇、昭和34年に浦和市立が東京国体に優勝。昭和42年に浦和南高校が埼玉国体で優勝を果たし、浦和の公立4校が全国優勝を何度も獲得をしてきた。しかし浦和勢としては昭和52年の浦和南の全国制覇以来、埼玉県勢としても昭和56年の武南高校の選手権全国制覇以来、遠ざかっている。そんな埼玉、浦和の高校サッカーの復活を期待し、支援していこうと企画されている「第11回浦和4校サッカー部OB交流会」が、10月23日に浦和西高校グラウンドで開催された。4校で活躍した往年のプレイヤーが集結して、劣れぬテクニックを披露するなど、会は大いに盛り上がっていた。この交流会では、Aチーム(50歳以上)とBチーム(35歳以上49歳以下)のカテゴリーに分けられて、それぞれが4校の頂点を目指した。Aチームは浦和市立が連覇。Bチームは浦和高校が連覇した。
今回の会に参加した現役時代は4校で活躍をして、今でもサッカー界で活躍するOBの皆さんにもお話をお伺いした。

柴田宗宏さん

浦和高校2,3年時にアジアユース日本代表。
読売サッカークラブ設立に寄与。浦和高校サッカー部監督として、インターハイ3回出場。
埼玉教員チームの選手、監督として5回の国体優勝など

今年でこの交流会も11回目になりますが、流れが変わってきたね。最初の頃は、絶対的な力をもった浦和市立が年齢を重ねても素晴らしいサッカーを展開していて、まさに浦和の歴史をそのまま物語っていたのですが、このところは35歳以下から49歳までの分野では浦和高校はその年代で3連覇している(笑)。現役の頃は良い成績を残していないけど、この年令になって強くなってきた。これも面白いね(笑)。
今回の高校選手権にまだ残っているのも市立浦和だけで、浦和南も西高も浦高もベスト16に残っていないということで、寂しい。この会もOBの親睦を兼ねているけれども、現役がいかに強くあるための会であるので、彼らにも頑張ってもらいたい。浦和がもう少し高校生レベル以下で頑張って、色々な大会で頑張ってもらうことが埼玉全体の盛り上がりに繋がる。高校生の選手が、レッズやアルディージャに良い選手を獲られるから、良い選手が集まらないと高校の先生が話をしますけど、千葉も静岡もJリーグクラブも持っていて、同じ条件でも千葉と静岡が全国優勝をしている。インターハイでは、千葉は2チームが優勝を争っている現状がある。埼玉は私学、県立と選手が分散するという状況があるということを含めて難しい問題はあるにしてもやり方があるのだと思うよ。埼玉県の高校サッカーの強さが蘇らないと、我々が盛り上がるほど、現役の人の停滞と話が逆になってしまうなと思っています。

(残り 2220文字/全文: 3617文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ