浦和フットボール通信

MENU

浦和レッズ2011シーズンを振り返る 河合貴子(後編)(12/21)

浦和レッズがここまで低迷した原因はどこにあるのか。そしてここから立ち上げるためにはどうするべきなのか。長く浦和レッズを取材する“タカねえ”こと河合貴子さんに訊いた。(浦和フットボール通信編集部)

UF:土台を作ると招聘したフィンケ監督を2シーズンで諦めて、今シーズンはペトロヴィッチ監督の下、土台の下での3年目ということで優勝を掲げたわけですが、結果としては残留をするのに必死の状況になってしまいました。クラブはどこを目指しているのか疑心暗鬼になっているサポーターも多いと思います。

河合:そもそも2007年にACLを獲ってクラブワールドカップに出た後、翌シーズンすぐにオジェック監督を解任したのが事の始まり。あの監督ではやれないと選手の不平不満があったのは事実。監督の言うことを一生懸命聞こうとする選手。監督の言うことを理解しているけれども自分のプレイスタイルを変えるつもりがない選手、監督に言うことを全く理解しない選手の3つに分かれている中で「あなたはどうするんだ?」とオジェックに突きつけたことがあります。

そうしたらオジェックは「そうなんだ。その状況をよく理解している」と言った。1回目に浦和レッズの監督を引き受けた時(95年)と選手の状況が違って、2回目に就任した時はレッズには代表選手が多くいたり、プライドの高い選手がいた。昔のオジェックだったら、強く選手に対して言ってサテライトに落としたりすることもあったと思う。それでもオジェックは昔と状況が違うことを理解もしていたし、勝つために自分を曲げてでもその選手を使うということをしていた。その結果ACLを獲れたと思う。あんなバラバラのチームで最後までリーグ戦も優勝を争った。そんな中でオジェックを解任した、あの辺りからクラブはおかしくなってきた。

Photo by (C) Kazuyoshi Shimizu

犬飼元社長は選手達を納得させる術をもっていたと思う。それは犬飼さんに選手経験など色々な経験があったからだと思う。藤口さんもボールを蹴っていたけれども、人が良すぎた部分があるのかと思う。だからチームがバラバラになってしまった。その後に、これからは育成だと言ってフィンケ監督が来たけれども“育成、育成”と大旗を振りすぎたと思う。勝つということを疎かにし過ぎた。フィンケ監督が去り際に、「次の監督は誰がやっても優勝できるチームを作った」と言ったけれども、そうはならなかった。それは違うサッカーを今年、展開してしまったからだと思う。

Photo by (C) Kazuyoshi Shimizu

UF:優勝を狙うどころか、最終戦の柏では完全に力の差を見せつけられてしまいました。

河合:最終戦は、優勝を争う柏との差をまざまざと見せつけられた。これはしっかりと受け止めて、分析をしていかないといけないことだと思う。正直、直輝の1トップは見ていられなかった。直輝自身も良い経験になったと言っていた。「出来るかと言われて出来ると言ったけれども、ああすれば良かった、こうすれば良かったと思うことがあった。前線の選手達が、距離がありすぎて無理だと言うことが肌身を見て感じることが出来た」と言っていました。

UF:J1昇格一年目の柏とこれだけの差が生まれてしまったのはなんでしょうか。

河合:柏レイソルはJ2に落ちてもネルシーニョを解任せずに、そのままの体制で1年間J2を戦って、J1に復帰してネルシーニョを続投させて、復帰して一年で優勝をした。すごいことですよ。その差がある。レッズはJ2に落ちても監督を変えないということを我慢できるクラブなのかという議論はあると思う。橋本さんは「ブレないブレないと言っていたが、実際はブレていたのかもしれない」と最終戦の後に言っていました。問題は、そこなのではないでしょうか。ここ何年かの経験を活かしていくようにクラブはしないといけないと思う。あいつがダメ、こいつがダメだとお互いが責任をなすりつけているのではなくて、しっかりと検証をして、みんなで考えないといけないと思います。

UF:最終戦終了後のゴール裏には「20年でこのザマか」というメッセージが掲出されました。これはクラブだけに押し付けるメッセージではなくて、浦和レッズに関わる全ての人が感じ取らなければいけないのではないかと思います。メディアも、どこか今のクラブの現状は変わらないと白旗を掲げているような風潮がある。河合さんは、この辺りをどう感じて、来年以降、変えていかなければいけないポイントは、どこにあると思いますか?

(残り 3295文字/全文: 5161文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ