浦和フットボール通信

MENU

【This WEEK】週刊フットボールトークVol.70(1/11)

椛沢佑一(浦和フットボール通信編集長)× 豊田充穂 (コピーライター)

椛沢:2012年最初のフットボールトークになります。遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。年末年始は、高校サッカー選手権、浦和東高校を追いかけて取材をしていました。結果は、浦和東は2回戦敗退と残念な結果でした。浦和東を破った大分高校は“国立”まで勝ち進み旋風を起こしました。国立までの道のりは本当に僅差だったのではないかなと思います。

豊田:初戦は埼スタ客席から、2回戦はテレビでの観戦でした。初戦は大晦日というのに浦和美園駅からの人の流れが途切れず、当日券売り場は試合開始に間に合わないファンの行列。そんなわけで私も入場できたのが前半25分を過ぎた頃でした。やはりサッカー好きの人たちの姿はURAWA名物です。ただ選手権に限って言えば、かつての大宮サッカー場時代の観客層に比べて若いママたちの子ども連れの姿が目立つようになった。レッズのレプリカ姿のファミリーもちらほら見かけましたが、次世代育成には大きな意味を持つこの層にはフットボールの醍醐味を満喫して欲しいと感じましたね。

椛沢:地元の高校を応援しようとサッカー好きが集まってレッズ戦とは一味違う埼スタの雰囲気でしたね。2回戦の試合は、お正月ということもあって応援の数も少なかったので少し寂しい気もしました。その意味では高校サッカーも街中からフラっと行ける駒場開催の方が盛り上がるかもしれませんね。

豊田:浦和東高校の戦いぶりも印象に残りました。2回戦敗退という結果は、野崎監督はもちろん何より選手にとって厳しい現実と思います。が、現状での県内サッカー事情を知らしめる試合結果だったと思う。2試合を通しての課題はやはり決定力。それもゲームコントロールの焦点になる序盤の勝負どころと思います。FWの菊池将太と星子直哉は連携も良く、特に菊池は初戦の那覇西戦でハットトリックも決めましたが、2戦ともキックオフ直後の得点機を逃したことは悔やまれる。一発勝負の全国大会を勝ちあがるためには、そこは必須と思います。両君ともに本来はあれを決める能力があるのだし、チーム全体のパフォーマンスも非常にバランスが取れた好チームであっただけに……。

椛沢:野崎監督も「なぜだか県大会決勝で見せたプレーが出来なかった」と悔やんでいましたが、自分達のサッカーを貫くという部分が強く、相手への対応という部分が足りなかったのかなという印象も受けました。このバランスは、サッカーは難しいところです。ノックアウト方式の選手権は、決める所で決めるという勝負強さも重要な要素だと思います。選手権では、その部分が足りなかったのも確かだと思います。今大会の浦和東は非常に組織された素晴らしいチームだったので監督はもちろん選手達ももっと上を目指せたと落胆の表情でした。それでも中学時代はほとんど無名だった選手が3年間徹底的に鍛え上げられて全国にも引けをとらない戦いを見せてくれたのもひとつの可能性を示してくれたのではないかと思います。さて、レッズの話題へと移りますが、年も明けたということで今季への期待も含めて2012の浦和サッカーに繋がる昨年、取材で得た名言集を集めていきたいと思います。まずは豊田さんからピックアップをお願いします。

豊田:まずは『浦和フットボール通信』が掲げたテーマにまつわるものでしょうね。「10年後、どんなレッズでありたいか」。この提唱の起点として行なわれたインタビューでの福田正博さんの言葉です。

★「サッカーは90分だけで表現されるものではない。浦和の選手らしい振舞いとは、ピッチに立つまでの何年かの準備、クラブの中に受け継がれて来た姿勢といった要素が決める」

(残り 1597文字/全文: 3145文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ