浦和フットボール通信

MENU

「レッズ2012月刊ライブディスカッション」Vol.1

レッズ密着取材を続ける河合貴子氏に、椛沢編集長が浦和レッズの現状や選手達の思いを毎月訊く「レッズ2012月刊ライブディスカッション」。Jリーグ開幕を控えるレッズの現状、新しく指揮を採るミシャがここまで、どのようなチーム作りを取り組んできたのかをお聞きしました。

■ミシャの下、レッズのサッカーはどうなる?

椛沢:浦和レッズは、ミシャ、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督を新たに迎えて始まるシーズンですが、ここまでの練習をみて、浦和レッズの今季はどんなサッカーを展開していくと思いますか。

河合:どんどん人が動きまわって、ポジションチェンジをどんどんして、超攻撃的なサッカーに期待したいと思う反面、対戦相手によっては5バックの守備的なサッカーになりかねない所も否めないです。

椛沢:それはどういうことでしょうか?

河合:帰郷するために愛媛に行った時に、ちょうど愛媛が浦和と練習試合をやった後だったので、練習場に行って愛媛の選手に試合の印象を聞いたら『浦和はインターセプトをする位置が低いから、こちらが前からプレスをかけて浦和が横でボールを回す時、縦に入るときを狙って、前からプレスをかけたら、うちのやりたいことが出来た』と愛媛の選手が笑顔で答えていたんですね(苦笑)。
そのような問題がまだあって、攻守が両極端になってしまうことがあるという危機感もあります。それはミシャのやりたいことがしっかりと浸透をしていないからで。
3バックは、右と左のストッパーの選手がマイボールになった時に外に開いて上がっていく。その時にボランチ1枚が下がって3バックを形成するのですが、ストッパーの選手が上がっていった時に縦パスを狙われると相手にとっては高い位置、こちらにとっては低い位置で奪われて、数的不利な状況でカウンターを食らってしまうので、そこをうまくサポートなり、動き出しを早くして対処することが重要になってきます。
練習中に、ミシャのやっていることがよく分かったシーンがあって、槙野がボールをもらって開いた時に、縦の梅崎にボールを入れようとして、そこで梅崎にマークが付いていて、ボールを奪われた時を想定した練習をしていた。ミシャはこのシステムのなかで、サイドのところでボールを奪われることが多いと言っていました。サイドハーフがタッチラインに張っている中で、そこに入ることを相手も狙ってくるので、その時は横のパスを使う選択が必要だけれども、横、横にならないように縦の意識は常に持てと指導をしていました。

椛沢:ボールの入れ方、ボールの受け方など、その感覚が身体に染みてこないと、ちょっとしたズレで危険な状況を作り出してしまうということなんでしょうかね。

(残り 3972文字/全文: 5079文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ