浦和フットボール通信

MENU

VIPインタビュー:北浦和サッカー少年団 吉野弘一監督 吉川政男団長

北浦和少年団出身の矢島慎也が、敵地・札幌ドームでJリーグデビューを飾ったちょうどその頃、ホーム浦和では同団の吉川政男団長(68歳)が行きつけの店で深いため息をついていた。「ヤジ(矢島の愛称)のデビューは心強いけれど、直輝は長期離脱ですか……。ううーむ、これでロンドンは間に合わなくなってしまったわけですねぇ」。Jリーグ開幕の一喜一憂が続くホーム浦和で、若いふたつの才能をレッズに送り込んだ名門少年団の幹部コンビに想いを訊いた。(浦和フットボール通信編集部)

吉野弘一(よしの・ひろかず) プロフィール
1955年、旧浦和市北浦和生まれ。北浦和サッカー少年団でサッカーに出会い、浦和南高校在学中は地元クラブ「浦和キッカーズ」でプレー。卒業後に北浦和サッカー少年団監督に就任する。指導者として全国大会出場5回。優勝1回、3位3回。ブラジル、アルゼンチンでの指導歴、研修歴多数。現在、自身主宰の「ブガルサッカースクール」を軸に全国の子どもたちのサッカー指導に当たる。

吉川政男(きっかわ・まさお) プロフィール
1944年、東京都北区生まれ。浦和白幡中学でサッカーと出会う。41年間にわたる社会保障業務のかたわらで父母会会長などの役職を務め、79年より北浦和少年団に関わる活動を始める。高校時代の同級生である好子夫人との間に4児あり。長男がコーチを務め、孫も選手として所属するなど、家族ぐるみで同団を盛り立てている。

浦和フットボール(以下UF):先日のナビスコ杯ベガルタ仙台戦。矢島慎也君がJ公式戦デビューを果たし、果敢なシュートを放つなど思い切ったプレーを見せてくれました。どんな印象で初舞台をご覧になりましたか?

(残り 1637文字/全文: 2336文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ