浦和フットボール通信

MENU

(写真差替)「レッズ2012月刊ライブディスカッション」Vol.2

レッズ密着取材を続ける河合貴子氏に、本誌・椛沢編集長が浦和レッズの現状や選手達の思いを毎月訊く「レッズ2012月刊ライブディスカッション」。開幕から約1ヶ月が経過。まずまずのスタートを切った浦和レッズは、現在どのような状況なのか。お話をお訊きしました。(浦和フットボール通信編集部)

■焦らず慌てず一歩ずつ階段を登っている。

椛沢:開幕してからリーグ戦、カップ戦の6試合を消化して3勝1分2敗という成績です。新チームがスタートした中ではまずまずのスタートを切れた印象ですが、河合さんはどのような印象を受けていますか。

河合:ここまで見て、焦らず慌てず一歩ずつ階段を登っているという印象を受けます。どの選手が出場をしてもチームとして、これをやるんだという方向性がミシャ監督の下、しっかりと定まっていると思います。先日の川崎戦は二人少なくなった時に意地でも守ってやるんだという戦い方を見せてくれました。

椛沢:ここまでの試合を見て、勝負強さを感じるような試合が増えてきているように思えます。特に昨年までなかったセットプレイ、フリーキックでのゴールが増えてきていますが、このような現象が表れているのには、何か要因があるのでしょうか。

(残り 4373文字/全文: 4882文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ