浦和フットボール通信

MENU

VIPインタビュー:レッズと、Jと、メディアの視界を語る。木村元彦×豊田充穂(1)

『オシムの言葉』著者として知られるノンフィクション作家・木村元彦氏の最新作、『争うは本意ならねど』(集英社インターナショナル刊)が静かな波紋を広げている。我那覇和樹選手のドーピング冤罪の衝撃は言うまでもない。だが何より私たちがこのドキュメントに引き込まれるのは、展開とともに積み重ねられて行く証言と事実の重み。そしてそれらがフットボール、ひいてはプロスポーツ全般の未来に及ぼすであろう影響の大きさに気づかされるからだろう。今回著作の取材でも我らが浦和レッズに深くかかわった著者のロングインタビューをお届けする。浦和フットボール通信・豊田充穂


木村元彦(きむら・ゆきひこ) プロフィール
ジャーナリスト、ノンフィクション作家。愛知県生まれ。サッカーを縦軸に旧ユーゴの民族紛争を描いた『誇り ドラガン・ストイコビッチの軌跡』『悪者見参 ユーゴスラビアサッカー戦記』『オシムの言葉』(いずれも集英社文庫)は、ユーゴサッカー三部作と称される。著書に『蹴る群れ』『オシムからの旅』など多数。『争うは本意ならねど』は『社長・溝畑宏の天国と地獄 大分トリニータの15年』(集英社)に続くJリーグ三部作のラインナップとして上梓。三作目を構想中。『オシムの言葉 フィールドの向こうに人生が見える』(小社刊)で、第16回ミズノ・スポーツライター賞を受賞。2011年日本民間放送連盟賞テレビ報道部門東京地区審査員。

【レッズが誇るべき逸話に満ちていた“我那覇問題”の周辺】

豊田充穂(以下、豊田):話題の新作、拝読しました。まず思い浮かんだのは、ちょうど発売と前後して行なわれた木村さんとノンフィクションライター高野秀行さんとの対談におけるお二人のコメントです。
<編集部注:高野秀行氏は『幻の怪獣・ムベンベを追え』などの著作で知られる辺境作家。木村氏とのトークイベントは2月26日にリブロ池袋本店で行なわれた>

木村元彦(以下、木村):あの催しには豊田さんも来場いただきましたね。どんな発言でしょう。

豊田:「とことん近づいて取材はするが、その対象にベタ着きにはならない」という木村さんの言葉。そして高野さんの「惨状が伝えられる都市を取材しても現地住民は笑顔ばかり。外国人のカメラが踏み込める場まで逃げおおせた人間は幸福で、メディア受けする悲惨な表情は見つけにくい」というコメントです。

木村:なるほど。

豊田:対象の差こそあれ、日ごろから「浦和レッズという存在」をピッチ上でばかり嗅ぎまわっている私たちは、ともするとプロサッカーがどれほど多面的な要素に支えられて成立しているかを忘れてしまいます。それは木村さんや高野さんが踏み込んだ異国の社会秩序が、日本にいては想像もつかないほど危ういバランスの上に築かれている事実と同じ構図なのだと思った。身近にあるほど鈍化してしまうこの種の感性を、きわめて自然に呼び戻してくれる本でした。

木村:私がレッズサポーターの皆さんに我那覇問題を知って欲しいと思うのも、そのような側面が占める部分が大きいです。

豊田:勝手ながら少々内容に触れさせてください。核心部分が進展する時間帯は、浦和レッズがACL王者に輝く2007年ですね。

木村:はい。そこでドーピング疑惑の渦中に陥った我那覇選手を救うために、浦和レッズのメディカルディレクターである仁賀定雄ドクターが多大な貢献を果たします。こういう筋書きの中でも、ご自身の功績を表に出すことは好まれない方ですけど……。情況をお話しすれば、そもそも執筆中から先生を実名で登場させる了承をいただくまでがひと苦労でした。

(残り 3537文字/全文: 5006文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ