浦和フットボール通信

MENU

VIPインタビュー:レッズと、Jと、メディアの視界を語る。木村元彦×豊田充穂(2)

「健全に見えるサッカー界の裏側にある暗部を痛感した」
「こういうJの側面を、ファンはもっと知る感度を養うべきでは?」
木村元彦氏の前回インタビュー掲載後、筆者が本誌読者や周辺のサポーターたちから伝えられた感想の一部である。私たちが愛してやまないフットボールはさまざまな人々の役割と尽力、そして想いの上に成り立っている。見違えるほどの変化を見せて始動したミハイロ・ペトロヴィッチ率いる今季の浦和レッズ。対談後編はイビチャ・オシムに代表される旧ユーゴのフットボールはもちろん、昨今のJでも圧倒的な存在感を示す同国指揮官たちの取材歴で知られる氏に、ミシャ・レッズへの期待を語ってもらった。 浦和フットボール通信・豊田充穂

木村元彦(きむら・ゆきひこ) プロフィール
ジャーナリスト、ノンフィクション作家。愛知県生まれ。サッカーを縦軸に旧ユーゴの民族紛争を描いた『誇り ドラガン・ストイコビッチの軌跡』『悪者見参 ユーゴスラビアサッカー戦記』『オシムの言葉』(いずれも集英社文庫)は、ユーゴサッカー三部作と称される。著書に『蹴る群れ』『オシムからの旅』など多数。『争うは本意ならねど』は『社長・溝畑宏の天国と地獄 大分トリニータの15年』(集英社)に続くJリーグ三部作のラインナップとして上梓。三作目を構想中。『オシムの言葉 フィールドの向こうに人生が見える』(集英社インターナショナル刊)で、第16回ミズノ・スポーツライター賞を受賞。2011年日本民間放送連盟賞テレビ報道部門東京地区審査員。

【旧ユーゴの指導者たちが示す、日本と日本サッカーに対するリスペクト】

豊田:対談後編は、木村さんに是非お訊きしたかったミハイロ・ペトロヴィッチ監督に関する証言と解説です。まず浦和レッズ監督に就任のニュースを聞いた際の印象からお聞かせください。

木村:もちろんミシャには広島時代から取材を重ね、私自身の評価も固めていました。その経験から言えば、あるべき判断がなされたなと……そういう印象は持ちました。

豊田:彼の指揮による戦いぶりはすでにメディアもレッズサポーターも確認済みです。埼スタの雰囲気も昨シーズンとは一変している。個人的な印象でいえば、短期的なチームのリカバリーとしては最高レベル。障壁は多々あったはずで、あの窮状からよくあそこまで持ち直せたと思える修復術です。チームのムードや選手の意識変化も多々報道されているので他に譲りますが、注目したいのはミシャの成果ばかりではありません。木村さんがアンテナを張り続けてきた旧ユーゴスラビア出身の指揮官たちの活躍ぶり。いわゆる“オシム門下生”の3人がそろいもそろって……こちらも凄い。

木村:それぞれの持ち味を出して手腕を発揮していると思います。レッズのミシャを筆頭に、名古屋グランパス(ドラガン・ストイコヴィッチ監督)とFC東京(ランコ・ポポヴィッチ監督)。そうは言っても、やっているサッカーはすでに各指揮官の個性に染められていると感じますけれどね。直系、つまり「人もボールも動く」というおなじみの特性で重ねれば、いちばん近しいサッカーをしているのはFC東京かと思います。メンバーの個性もあの戦術にフィットしているし、観た限りではオシム・サッカーにいちばん近いものを再現している。

(残り 4933文字/全文: 6278文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。
入会案内よりユーザー登録を行ってください。

会員の方はログインしてください。

ページ先頭へ